MENU

女性の薄毛の改善法

薄毛は男性だけの問題ではなく、女性でも40代になると髪の密度が減ったり、毛髪が細くなったりしてきます。

 

これは男性のAGAに対してFAGAと呼ばれ、やはりホルモンの変化によって薄毛が進行する症状です。

 

AGAは額の生え際や頭頂部に集中して発生しますが、FAGAは全体的に薄くなる、いわゆるるびまん性脱毛症といった形で見られることが多いです。40代といえば更年期に入る年代ですが、FAGAは加齢により女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって起こります。

 

エストロゲンは毛髪を育て、維持するので、減るとその働きが失われて薄毛傾向になってしまうのです。40代を過ぎたら薄毛は仕方ないことなのか、といえばそんなことはありません。

 

更年期障害が重い方もいれば全く気にならない方もいるように、女性ホルモンのバランスを整えることにより薄毛は十分改善できます。食生活、睡眠、洗髪方法などももちろん大事ですが、女性ホルモンを乱す大敵はなんと言ってもストレスです。

 

周囲との関係もあるので一番改善するのが難しいかもしれませんが、ストレスは自律神経を乱したり、免疫力を落として体調に悪影響を与えたりします。

 

ホルモンバランスが乱れていることによりただでさえイライラしたり、気分が塞ぎ込んだりしがちですが、自分なりのストレス解消法を探して、小さなことにはクヨクヨしない明るい気持ちを持つことが重要です。