MENU

女性のびまん性脱毛症を改善しよう!

女性の「びまん性脱毛症」という言葉をご存知でしょうか。

 

びまん性脱毛症というのは、部分的にいわゆる「ハゲ」ができるものとは違い、全体的に髪が抜けてしまい、髪のボリュームがなくなってしまう症状を言います。髪のボリュームが減りますから、髪がペタンとしてヘアスタイルが決まらず、悩んでいる女性が増えているんです。

 

びまん性脱毛症は男性女性関係なく起こる症状ですが、最近増えているのが30代半ば以降の女性たちです。びまん性脱毛症の主な原因は、女性ホルモンの分泌が減ってしまうことにあります。

 

女性ホルモンは35歳頃から急激に分泌が減ってしまうので、びまん性脱毛症も30代半ばの女性に多く見られるということですね。加齢だから仕方がないと、そのままにしていると、症状は悪化するばかりですから、しっかりとした対策を取ることが大切です。

 

女性ホルモンが減少することが原因ですから、女性ホルモンと同様成分の入った育毛剤で外側から補ってあげるのが1番の近道です。それにプラスして内側からのケアとして、大豆食品を意識的に食べるようにするとさらに良いですよ。

 

大豆食品といえば、納豆や豆腐、味噌などいろいろありますね。

 

内外ダブルの対策で、びまん性脱毛症を改善しましょう。